小児歯科

こどものころからしっかりケア

こどもの頃の生活習慣は、そのあとの生涯にそのまま引き継がれます。
食事のスタイル、お口の中の環境、といった歯科に関連する要素も同じです。こどもの頃に、むし歯になりにくい環境をつくることができれば、一生むし歯にならずに済むといっても言い過ぎではないのです。
歯科を扱う私どもにとって、ご家族がお子さんの口の中に興味を持たれることは大変喜ばしいことです。こどもの歯・口の中についての正しい知識をもつことで、お子の将来の健康を作る第一歩となります。
気になることは、その都度ご相談下さい。お子さんの生涯にわたる健康の土台作りに、私どもが少しでもお役に立てれば嬉しい限りです。

小児治療

すべてを説明

歯医者さんは怖いところ、というのは小児の歯科治療にとっての大きな課題です。
お母さんも知らず知らずに、お子さんをしかる際に「歯医者さんに連れてくわよ」「注射してもらうわよ」なんて言ってしまっているのではないでしょうか。恐怖への記憶は、こどもの歯科治療において大きな障害となります。
当院では、歯科への不安・恐怖を少しでも取り除くために、すべてのものをお子さんに説明することを心がけております。
診療室を説明し、スタッフを紹介し、道具を説明し、次に行なう治療を説明します。道具は、実際に見たり触ったりしてもらいます。こどもは、すべてのものに興味を示し、はっきりさせたいという特徴をもちます。「なに、なに?」とよく聞きますよね。大人に治療するとき以上に説明し、実際に使う道具を手に取ることで、自然と歯科医院の雰囲気に慣れ、納得して歯科治療を受けることができるように、努力させて頂きます。

安全に治療を行なうために

ラバーダム

こどもの歯科治療では、治療前の準備として口にゴムのシートをかけることがあります。
治療する部位のみをこのシートから出すようにします。このゴムシートをラバーダムといいます。

こどもは、予想外の行動をします。
治療中に舌を動かすこともその1つです。口に入った治療器具に興味を示し、さわりたがってケガをするのは珍しいことではありません。
ラバーダムをすることで、器具を飲み込む心配もありません。 安全な治療のために、ラバーダムは大事なものです。

お子さんの成長を大切に

こどもの歯科治療も、削ったり、つめたりなど、ほとんど大人の治療といっしょです。
ただ、大人の歯科治療とは根本的に異なる点があります。
こどもの歯や顎は日々成長しているということです。
まったく何も生えていない状態から永久歯が生え揃う時期まで、さまざまに変化することを予測しながら治療を行うことが必要です。

当歯科医院では、歯科的な知識はもちろん、こどもの心理・生活を理解し、年齢に応じた病気の特徴を考えたうえで適切な治療を心がけております。

生えてから1~2年が勝負

歯は、生えてから1~2年間のケアをかかさないことが大事です。
この時期に、徹底したケアをすることで、生涯虫歯になりにくい歯質・生活習慣ができます。
これは、乳歯も永久歯も同じです。
生涯にわたる口腔環境を守るために、この時期に何をすべきか正しい知識を得ることが重要です。

理想は毎日の歯磨きの習慣づけと定期的にプロのケアを受けることです。

お子さんの健康な口腔環境は、ご両親と我々歯科医院が協力してつくっていくものです。
わからないことがありましたら、まずは来院していただいて、お話をお聞かせください。

シーラント

乳歯は、永久歯にくらべるとミネラル分が少なく、虫歯になりやすい傾向があります。特に、かみ合わせのせまい谷底には、むし菌や食べもののカスがたまりやすく、その谷底の下に一段とやわらかい狭く深い溝があって、そこから虫歯になることが多いのです。歯みがきを十分に行っても、その溝の中にはブラシの毛先は届きません。

そこで、かみ合わせ部分の虫歯を未然に防ぐために、乳臼歯と第一大臼歯には予防的にフタをしてしまう小窩裂溝填塞=シーラントという処置をすることがあります。 このシーラント処置は、外から見ただけではなく虫歯にかかりやすいと診断した場合に行います。

もちろんこの処置は、定期的に管理することを前提にした処置です。シーラントをすれば虫歯にならないわけではなく、あくまでも、むし歯になりづらい環境をつくることが治療の第一歩とご理解ください。

歯の溝は虫歯になりやすい

生えたての歯は柔らかく、虫歯に抵抗力がなく非常に弱いものです。
歯の溝には、歯ブラシでは届かないほど細かい割れ目があり、そこから虫歯になることが非常に多くみられます。
そこで予防的に、溝につめ物をすることで、生えて間もない歯を守るのがシーラントです。
つめ物は、歯と同じ色のものを使います。
つめ物といっても、溝に一層流すだけなので全く目立ちません。
子供の歯を虫歯から守る手段としてシーラントは非常に有効な予防法です。

シーラント治療の流れ

  1. 歯を専用のブラシできれいにします
  2. 探針(歯科用の金属の器具)で、歯の溝をきれいにします
    (超音波洗浄を行なう場合もあります)
  3. シーラント材で、歯の溝をうめます
  4. 光をあて、シーラント材を固めます
  5. 咬み合わせのチェックをします

フッ化物~歯を硬く強くする~

むし歯に負けない歯に

フッ素は、歯に塗ることで、組織にしみ込み歯を硬く強くします。日々の歯みがきなどのお手入れに合わせて定期的に歯科医院でのフッ素塗布をすることで、むし歯になりにくい歯質をつくることができます。

生えたての歯にこそフッ素塗布を

生えたての歯は、弱くむし歯になりやすい状態です。ただ、フッ素がより効果を発揮するのもこの時期の歯です。生えたての歯にフッ素によるケアを行うことで、より効率的なむし歯予防につながります。

効果的なフッ素塗布

フッ素を効果的に作用させるには、定期的な塗布がかかせません。生えたての歯に長くとも6カ月、できれば2~3か月間隔で最低4回以上は継続して塗布しましょう。その後も、永久歯が生え揃うあたりまでは継続するのが理想です。

フッ素の安全性

歯科で扱うフッ素は、安全性が確保された濃度のものを使用します。海外などに比べ、日本のフッ素は大分薄いので、より安全といえます。安心して受診ください。

食事

噛むことの重要性

こどもの食事の目的の1つは噛むことにより、さまざまな機能を獲得することにあります。
噛むことで、唾液の分泌や歯・歯肉の刺激につながります。また、顎・発音・味覚・脳・心なども噛むことで発達します。
口は胃や腸につながる消化器官への第一歩ですので、消化のためにも噛むことは重要です。
こどもには、年齢に応じた硬さ・味の食事を与え、噛むという機能を発達させていく必要があります。

離乳期の食事

4~5ヶ月になると、母乳だけでなく、さまざまな栄養を食品からとる必要がでてきます。
離乳食は、栄養・硬さ・味などに気を配る必要があります。この時期に食生活の下地が出来上がります。たとえば、味の強いものを与えると濃い味付けのものを大人になってからも好むようになります。この時期に正しい食事を与えることが、幼少期の健康のみならず、大人になってからの健康をも大きく左右します。

甘いものの与え方

砂糖× 果汁○
水分補給のために、果汁に砂糖をいれて飲ませる方がかなりいらっしゃいます。砂糖を使うのはできるだけ避け、自然な風味で与えるようにしましょう。

離乳食の味付け

できる限り薄味に
離乳食の味付けはできるだけ薄味にし、大人の感覚の味付けは避けましょう。野菜は野菜の味で、果物は果物の味で楽しむ習慣をつけましょう。

食事のリズム

ダラダラ食べない
離乳期だけでなく、すべての時期において、ダラダラ食べないことは重要です。食事もそうですが、おやつも時間を決めて食べることが大事です。

離乳食の硬さ

繊維性の食品、歯ごたえのあるもの
野菜など繊維性の食品、歯ごたえのあるものをよく噛むことで、口の中は自然に清掃され、上手に噛むこともできるようになります。軟らかいものばかり与えたり、硬い大きなものを一度に与えていると、口の動き、舌の動きが鈍くなり、口の中に食べカスがいつもあるような状況になります。このような口腔環境は、むし歯になりやすく好ましいものではありません。繊維性のあるもの、歯ごたえのあるものを離乳食に組み入れ、お子様の食生活の土台作りをしていきましょう。

哺乳ビンについて

奥歯が生えてくる頃には使わない
1歳半を過ぎ、奥歯が生えても哺乳ビンを使用していると、飲み込む機能が低下したり、唇の締まりが悪くなります。この時期を目安に、哺乳ビンを卒業するように仕向けていきましょう。

おやつ

甘いものを少なめに、時間を決めて
おやつは、一回の食事量が少ないこどもにとって、大事な栄養源です。ぜひおやつは食べさせてください。おやつを与える際のポイントは、時間を決めること、甘いものの量を制限することです。10時や3時など、時間を決めて食事の補助としてのおやつを心がけてください。

ぜひご相談ください

お子様の食生活や食習慣は、それぞれの個性もあり難しいものです。われわれ歯科医にとって、ご両親がお子様の成長に関心を持たれることは、喜ばしいことです。
わからないことや相談しいたいことがありましたら、その都度ご相談ください。